10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< アバターを与えてもよいのか?(改訂・追記) | top | きせかえサイト >>
知的障害者ねらい暴行、恐喝…少年グループ逮捕
この記事も新聞によって内容が異なり、改めて報道の難しさを知りました。
その手口や様子が描写されているといないとでインパクトが違います。
ただ、具体的描写があると 次からは「模倣」も起きる訳ですよね。何をどのように報道するのかということが 記者の感覚にゆだねられているというのはある意味とても恐ろしいことだと思います。

この事件もここに載せるかどうか躊躇したのですが、
「少年らは木の棒をマイクに見立て、暴行の様子を実況中継。殴られた男性に「痛いですか?」などと“インタビュー”していた。」と書かれた記事を見て やはり子供たちの行動はメディアからの情報に影響されて具現化するということを示したものとして紹介させていただきました。
そして、己の行動を客観化し 当事者意識を持たないで犯行に及べるという精神構造。そして、「弱そうな相手を狙った。障害者をいじめて何が悪いのか」などと供述しているそうで 中学生にこう言わせてしまう社会環境、「教育」出来ていない「家庭」や「学校」のもろさを改めて憂います。
かれらの価値基準や行動指針は メディアからの刺激的な情報で学習されているという事実を重く受け止めなければならないと思います。
uneiiin | 気になるニュース | 12:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment









Trackback
URL: