12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 「心・精神」を壊す目的で | top | 電子マネー >>
「へアワックスに画びょう」
改めて 最近の子供たちの「ネットの使い方」と「他人とのおつきあい方法」を教えてくれた事件です。
「高2女子がブログで暴露」(という見出しは変ですね。「自分のブログで誇示」という感じだと思いますが)

まだ 一次情報があるうちに 見させてもらいました。
「友達とけんかしていらいら」というのは ネットの中でのやり取りです。
どちらかというと むしろこの加害者は 結構 叩かれていた「弱者」の
ように見えます。これが「自殺」に向かわず、「弱くない自分を誇示するために、犯罪を実行し、それをネット仲間に誇示する」手段を選んだようです。
同時に、あるリア友の容姿を嫉妬した愚痴も正直に吐露しています。
しかし、その意識の屈折からか かなりえげつないことをやっています。
同年代の女の子と友達になるフリをして、「吊れた」と喜び、知ったプライバシーをばらまいて 喜んでいたり、他人のブログなどのID・パスワードを晒し、「ここを荒らそう」などと煽っています。

子どもたちが「2ちゃんねる系掲示板」で 匿名でのやり放題の部分のみ学習して、他者との関係づくりは こうあるべき と誤解してしまった結果
かなり 殺伐とした 本能むき出しのやりとりが 小中学生の間でも 秒単位で繰り返されていることに きちんと目を向けるべきですね。
そして ネット上で ということは 学校など現実のシーンでも 同じように接するようになり、授業中に強盗したり、身体に火をつけたり と
生身という リアル感が形成されず ゲームの世界の延長で 大人には信じられない犯行が繰り返されるようになっています。

そんな彼らが「秋葉原事件」から何を「学ぶ」のか・・・
uneiiin | 気になるニュース | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment









Trackback
URL: