09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 「裏サイト」とは? | top | 「へアワックスに画びょう」 >>
「心・精神」を壊す目的で
ウイルスではなく「ブラウザクラッシャー」というカテゴリが出てきたのは
いつ頃のことでしょう?
そこに繋ぐとウインドが無限に開いてしまったり、OSそのものが終了してしまうという 単純といえば単純な「悪ふざけ」これがパソコンの機能に向けられたものであるのに対して
「マインドクラッシャー」とは 見ている人間の精神に向けられた、「驚かし画面」のこと。
人間が見たくないと思うグロテスクなものや音響を使っての仕掛けで 悪いことに
脅かされると 次は自分が驚かす側になろうという「負の連鎖」をつくるものでもある。
子どもは進んで自らが、いわば「変なサイト」には近づくことは少ないが、こういう「騙し」には弱いもので、結果トラウマになってしまうような画像を見ることになる危険性もある。

テクニックやその類のサイトの増大とPC技術の発達と共に 最近は動画投稿サイトでも見られるようになっている。
「ユーチューブ」は主催者が説明しているように、13歳未満は使ってはいけないサービスだが、小学生の多くは面白がって見ている。
ケータイの動画サイトがこれからの流れのようだが、親たちの危機意識は少ない。
先日やはりユーチューブで「脅かし作品」に遭遇した。
心温まるアニメの一部が流れていて、近寄ってくる人物が突如化け物に・・
それより、そこに投稿された抗議のコメントに驚いてしまった。
「あなたはヒドイ人ですね。こんなものを公開するなんて・・子供が怯えているではありませんか!」とのこと
そりゃあ 悪いのは作者ですが、子どもをユーチューブに連れてくるあなたも・・・
uneiiin | キーワード | 17:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment









Trackback
URL: