12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< ブログってのは・・・ | top | いつでもどこでも繋がっている安心感が・・・ >>
佐世保事件(2)
・加害者少女のホムペを見て、いろいろなことを感じました。
こんな詩も掲載されていました。
(ホームページより無断転載)
---------------------------------------------------------------
詩@嘆きの賛美歌
詩@嘆きの賛美歌

闇夜の空に沢山の星がちりばめられる、夏の空
心地良い草の香りのする草原、リンリンと鈴虫の鳴く音
田舎だが、私はこの環境がすきだ。
都会に無いモノがあるのだ。
人間は自分たちの生活が豊かになるために、
木を沢山切ったり、ゴミ、不燃物などを平気に捨てたり・・・
そんな事をしているらしいが本当に豊かなのだろうか?
熱帯雨林、環境破壊、有毒ガス、生活が豊かになる一方、
数え切れないくらいの自然破壊が多数ある・・・
川が汚れ、魚たちが死にいたり、森も破壊され
生き物たちの生きる場を失っている。
聞いて欲しい、人間の生活が豊かになるのはいいが
私たち、生き物・自然に迷惑をかけないで、
この地球に住んでいるのは、人間だけではないのだから。
わかっているのでしょう?
自然や生き物のこのままでの未来が。
わかってよ・・・
今では人間が生き物を殺すと何もならないことが多いけれど、
私たちは人間が生き物と同じ、
虫も
魚も
動物も
木、花も
たった一つだけのかけがえのない、
「命」をもっているのだから・・・
殺さないで、沢山殺して殺して殺して殺して・・・
森の木も人の手によって焼き払われたりしたよ。
「自然も生きているのだから、息をしているのだから」
木や花も動いたり、話したりはしないけど、
生きているのだよ・・・。
生きているのだから、全て生きているのだから。
神様はいるのですか・・・助けて下さい・・・
-------------------------------------------------

こういう感性を持っている子どもに 改めて「命の尊さ」を
教えることに果たして意味があるのでしょうか?
命の大切さを思っていても 人の歴史は他人を殺し、自己をも抹殺してきたわけで・・・

加害者の心情などを今まで垣間見たことなどなかった私には
「こういう子が何故?」 

「ネットが家庭に普及すると何か思いもよらないことが起こる・・・」
漠然と抱いていた不安が 始まったことを自覚させられました。
 


uneiiin | 気になるニュース | 18:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment









Trackback
URL: