12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 子どもにとっての「ボーダレス社会」とは | top | お知らせとは・・・ >>
佐世保事件
私たちの活動の出発点でした。
あれ以来 ゴールデンウィークを迎えるのが不安です。
今年も終わってしまいましたが、これから何か起きないことを祈ります。
いえ 何かにつながらなくても・・・
新学期→
ゴールデンウィーク→母の日→父の日
という この時期は 子どもにとって自分の家庭環境が ふるいにかけられる時です。
文字通りの「幸福」な家庭ばかりではありません。
この事件の加害児童は これを境に6月1日の犯行まで登りつめるのです。

「小学生が同級生を教室で仲良しの友達を文房具で殺せてしまう」
加害者のあどけない顔などを見たことで自分の社会認識が変わりました。

「自分が教えたホムペに中傷→モノ真似文章→自己のテリトリーへの侵犯」
こんな友達との関係のこじれが
「バトルロワイヤル→同級生同士の殺し合いゲーム」
などで イメージ化された行動に現れてしまうこと を大人たちは知らされたはずです。
uneiiin | 気になるニュース | 02:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment









Trackback
URL: