09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 少しの変化? | top | 「拡張」の次は「代替」 >>
夢 と うつつ が・・・・
随分ご無沙汰してしまいました・・・

昨年から今年のキーワードに「VRからARへ」というのがあると思います。
「バーチャルリアリティ(仮想現実)からオーグメンテッドリアリティ(拡張現実)へ」
という訳ですね。
今年は本格的に「使えるソフト」の開発競争 になるのでしょうか・・・
視覚情報に リアルとデジタルデータがミックスされるようになる ということなので
「現実」そのものの概念が変わる時代の到来とも言えるのでしょう。

先日のニュースに
「兵士の訓練にビデオゲームを活用、米軍司令官が方針」というのがありました。
ゲームの世界の動きには疎いのですが、たまたま聞いたラジオで 大手企業37社が
タイアップしてゲーム画面に実在する店舗や商品が登場する「ゲーム内広告」が
話題になっていました。
そのゲームを見てオドロキました。18禁ではありますが、「ヤクザ養成」ゲームです。
シリーズ物で もう第四弾です。昨年の第三弾から 十社増えたようです。
ここに名だたる大企業が取り込まれているわけですが、トップはこのゲームの内容を
知っているのだろうかと 疑いたくなります。
日本の社会は このゲームの存在を「認知」したのでしょうか?
(韓国でこのゲームに影響を受けた若者が事件を起こしているようです)

今まで 子どもたちへの影響ということに拘ってきましたが、これから起きる事態は、
まずはゲーム世代の人格形成に大きなインパクトがありそうな気がします。

子どもたちは それを「現実」と捉えられる対応力は有ると思います。
厄介なのは 今までの「現実感覚」がある世代ではないでしょうか?
真っ先に飛びつき その世界・機能を享受するのが その世代(人種?)だと思います。

都知事の「見たことが無いから見てみたい」という言葉に象徴されているように、
多くの人は「有害情報・ゲーム」を 知らないのですよね。

ゲームの場合 「成人指定」してしまえば済んでいる ような業界の体質を
問わなくてはならないと思います。
そして これから出てくる「ARアプリ」は だれが・どこが内容検証するのか?
技術の進歩に追いついていない 社会規範を とても焦ります ^_^;
uneiiin | つぶやき | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment









Trackback
URL: