05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 女子中学生が母親の携帯からネット掲示板に殺害予告 | top | ネット監視役に7500人 文科省、ボランティア育成へ >>
「通信事業者」のモラルとは?
本日のYOMIURI ONLINEに「水着姿でポーズ、大手プロバイダーが女児画像大量提供」という記事が掲載されていた。
「画像が提供されているのは、「@ニフティ」「OCN」「ビッグローブ」「ソネット」など」で「水着姿の女児が、不自然なポーズで胸や下半身を強調する――。」とのこと。
指摘を受けて「ビッグローブ」は今月で中止を決めたそうだが、「OCNは「水着や布を身につけており、児童ポルノには該当しない」、ニフティとソネットは「サービス内容がだんだん過激になっていったかもしれない」としながらも、当面、中止の予定はないという。」
日本を代表するプロバイダーのポータルサイトで どうしてこういうことになるのでしょう?

一社ではないところに業界のモラル崩壊を感じ、暗い気持ちになりますね。
そんな市場(ネットアイドル?)まで作っしまう大人たちから、「プロフに写真を載せないように」などと言われても、ちっとも効きませんわなぁ・・・
eネットキャラバン講師の立つ瀬がありませんねえ。

(追記)
↑と 書いて掲載しておいたら、半日後(21時07分)には
「少女水着の有料閲覧、大手プロバイダー3社が番組提供中止」に
変わっていた・・・
「各プロバイダーはこれまで、「現行法では児童ポルノには該当しない」としていたが、中止を決めた理由を「公序良俗の視点が欠けていた」(ソネット)などと説明している。」 とのこと。
さすが、「大手企業」の「察知能力」ですね。
uneiiin | つぶやき | 22:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment









Trackback
URL: